キャッチャーフライはなぜエラーが多いのか?ポイントは回転とキャッチャーの向きにある?捕り方も解説!

野球を議論する

あ、キャッチャーフライ。

打者としてはすごい損な気持ちになるキャッチャーフライ。

打者はアウトを確信し、もったいない気分になります。

しかしこのキャッチャーフライ。

捕手をやったことがある人ならわかると思いますが、とても難しいです。

ではなぜ、普通のフライと比べて難しいのか!?

その理由を解説していきます!!

キャッチャーフライの特徴

まず最初にどうやったら、フライが上がるのでしょうか?

ボールの下を叩いた時?すくいあげた時?

正解は、ボールの下を叩いた時です。

ボールの下を叩くと、

野手から見れば、強烈なバックスピンがかかっています。

キャッチャーフライは、この回転が非常に強いのです。

野手の皆さんも経験があると思いますが、

スピン量の多いフライは、非常にはじきやすい特徴があります。

この高速回転がキャッチャーフライを難しくしているのです。

捕手の向いている方向にすべてが詰まっている

キャッチャーフライは普通のフライよりも、高速回転がかかっていることがわかりました。

次にキャッチャーフライを難しくしている理由が、

捕手は、グラウンドで唯一反対方向を向いている。

ことです。

捕手は、グラウンドで唯一反対方向を向いています。

それゆえ、普通のフライがドライブ回転となってしまうのです。

(投手でいうドロップカーブのような感じ)

ドライブ回転は、グローブを転がり落ちてしまう特徴があります。

(外野手の人ならこの難しさがわかるはず。)

高速ドライブ回転と捕手の向き

この2点がキャッチャーフライを難しくしているのです。

捕球方法

このような特徴のあるキャッチャーフライ。

ではどうすれば確実に捕球できるのでしょうか??

捕球ポイントはこの2点です。

  • グローブをお腹の前にセットする
  • 落下地点にすぐ入り、野手と同じ方向を向く

グローブをお腹の前にセットする

先述したとおり、キャッチャーフライは、捕手目線からすると、、、

グローブを転がり落ちるようなドライブ回転

といった特徴があります。

内野手や外野手と同じように、おでこの上で捕球体制に入ると、

捕球ミスしやすいです。

そこで、

グローブをお腹の前で包み込むように捕球体制に入りましょう。

そうそすることで、グローブを転がり落ちる現象が非常に少なくなります。

この方法は、

  • 捕手を初めて間もない人
  • ドライブ回転がわからない小学生

におすすめです。

落下地点に入り、野手と同じ方向を向く

パリーグTVより引用

捕手は、野手で唯一反対方向を向いています。

それゆえ、捕球時に、ドライブ回転で捕球しなくてはなりません。

ドライブ回転は、グローブを転がり落ちていくため、非常に難しいです。

それならば、内外野手と同じ方向に反転すれば、バックスピンの普通のフライになります。

野手と同じ方向を向くだけで、フライの難易度はかなり下がります。

↓下妻選手が非常にいい例です。

【神様アングル】真上から見下ろすキャッチャーフライ
注意

この方法は目線ぶれやすいです。

ボールとの距離感を見誤る可能性があります。

必ず落下地点に入ってから反転するようにしましょう。

落下地点に入る感覚が乏しい小学生にはおすすめしません。

キャッチャーフライまとめ

キャッチャーフライが難しい理由↓

  • 回転量の多さ
  • 捕手の向き
  • ドライブ回転

キャッチャーフライの対策

  • グローブをお腹の前にセットして包み込むように捕る
  • 落下地点に入り、野手と同じ方向に転換する。

以上のことを意識すれば、前よりもキャッチャーフライのミスが減るでしょう。

プロ野球でもあるあるなのですが、

キャッチャーフライを落球した後に、ホームランを打たれる。

なんてこともあります。

打ち取った打球は確実に処理しましょう。

この記事がキャッチャーフライの捕球に役立てば幸いです。

それでは(@^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました